筋トレのあり方と工夫

筋トレは、50年以上続けていますが、その方法はシンプルなものです。
しかし、それは、常に、70歳を超えたわが身の体型を一定に保させている原動力になっています。その方法というのは、まず、筋トレの前に準備運動を行います。高目の台に手を置き、左右の足を各10回ずつ、後ろにはね上げて筋肉をほぐします。そして、同様に各10回ずつ、左右の足の腱を伸ばすようにします。

メイプアップの効果

さらに、ベッド等に腰かけて、10回腰振りをします。この準備を終わってから、5kgの鉄アレイを左右の手に持ち、まず、上に20回の上げ下げをし、次に、胸の前に、左右の鉄アレイを腕を伸ばして持ち、胸に近づけたり、伸ばしたりするのを20回行います。

次は、左右の腰付近に鉄アレイを持ち、左右の順に、肘を曲げて手首のみで、それぞれ20回ずつ上下の運動を繰り返します。また

次に、お腹の前に鉄アレイを左右の手に持ち、脇を締めお腹に力を入れて、20回肘を外側に向けながら、外へ、内への動きを繰り返します。さらに、鉄アレイを持って左右の腕を伸ばしたまま、太ももから頭の上までの上下の動きを20回繰り返します。

最後は、鉄アレイを持った左右の手を胸の前に脇を締めて持ち、ゆっくりと、左右交互に、20回ずつ上下に持ち上げ、持ち下げる動きを、呼吸を整えながら、軽く、静かに行い、筋トレを終了します。