大人女子の髪が受ける代償

鏡に映る自分の髪の毛、どんな風に感じるでしょうか・・・。

大人になって、カラーをしてコテを使って巻いておしゃれをして。
『毎日おめかしをする大人女子って、それだけ髪が受ける代償って大きいんだな』って私は感じます。

http://lightintheheart.com/

だって思い返してみたら、私の髪の毛が1番生き生きとしていたのって、学生時代だなと感じるから。

良いシャンプーを使おうが、ケアをたくさんしようが、ダメージがない髪の毛には勝てないってこと。
枝毛、広がり、パサつきも当時は悩むことなんてなかったのになぁ。としみじみ感じます。

仕事の関係で、髪の毛の色まで細かく変えなければいけない職種で、その通りの色を目指すにはブリーチが必要だったり、パーマをかけたり。
ドライヤーも乾きにくいし、髪も切れてしまうので延びるまでの時間が果てしなくかかる・・・。

だからと言ってカラーをやめるわけでも、おしゃれを諦めるわけでもない。
可愛くなるためには、それなりの代償も苦労もあるってこと。
悩みがない人よりある人の方が、自分の髪質にあった髪型を研究したり、
髪トラブルに対してどういう対策を取ったら良いか知識を得ようとしたり、自分なりにたくさん考えるから。

世界で同じ人なんていない、たった1人だけの自分の髪との付き合い方。
そう考えただけで少しだけワクワクした気持ちになる。

だから、私は自分の悩み多きこの髪が大好き。