こども時代からの悩みのアトピー性皮膚炎、そして現在。

もともとこどもの頃にアトピー性皮膚炎の診断をうけたのが最初でした。
夏は汗をかいた部分がかゆくなりずっとひじや首など肌が弱いところをかいて真っ赤にしている子供でした。

http://www.openpgp-courses.org/

また、冬場は乾燥が肌を攻撃しいくら保湿しても回復せず地獄でした。
その都度皮膚科通いステロイドの処方を受け、いったんはよくなることもありましたが結局そのループから抜け出せずこども時代を過ごしていました。

また思春期になってからは改善しないアトピーからくるストレスでニキビもできはじめました。
そして自分が色黒でアトピー性肌であることはコンプレックスへとかわりました。
テレビやCMでみる白くて澄んだ肌の女優さんに憧れましたしメイクにも人並み程度に興味を持ちましたがメイクをする→翌日した部分が荒れるので結局皮膚科通いへ逆戻り。
今でもメイクをしたくてもできない日が年間半分くらいあります。
ひどい日は日焼け止めクリームでさえも荒れます。
最近は花粉や気圧の変化も肌に影響しているように感じます。
化粧水など肌が弱い人向けの商品の口コミをみるとすぐ試してみるのですが、いまだにこれだ!というものに出会えたことがありません。
いつまでこのぷーぷを抜け出せないのだろうと思います。