利息制限法の金利の上限について

キャッシングには金利がつきものですが、金利というものには通常が上限があります。

上限を定めた者として、利息制限法や貸金業法がありますが、上限金利というのは次の通りです。

プロミス

10万円未満となっているときには年20%まで、10~100万円未満の場合には年18%まで、100万円以上では年15%までと定められています。

この金利を超えた場合には、法律違反になりますので超えた分は返還対象になります。

上限金利を超えた会社は基本的に闇金融の可能性がありますので、怪しい業者かどうかの見極めにも有効となります。

また、金利面が上限に近ければ近いほど、借りやすいですが返済はしにくかったりということもわかりやすい目安にもなります。