小さい胸がコンプレックスで恋愛が怖かったけど・・・

胸が人並みにあったらもっと積極的に恋愛できるのに!
別に痩せている訳でもないのに、胸だけ成長せずに25歳になってしまいました。
自分の胸が気になりだしたのは、中学生くらい。周りの友達は小学生の高学年頃からブラジャーを付け出していて、
私もそのうち大きくなるんだろうなーと漠然と思っていたら小さいまま中学2年生になっていました。

モテアンジュ

部活の女友達にも小さいと笑われてずっとずっと嫌な思いをしてきました。
高校生、大学生になって彼氏もできたけど毎回毎回、胸のことが気になって、どうしても奥手になってしまう。
過去に小さい胸を指摘してきた彼氏がいて、号泣してそのまま別れてしまったこともあります。
日に日に自分の胸が嫌いになって、街を歩いていても女性の胸ばっかり見るようになっていました。

そんな私を変えてくれて、自信を持たせてくれたのが、今の夫です。
夫とは同じ会社で出会い、自然と付き合うことになったのですが、毎度のことながら胸のコンプレックスを話す私に
「そんなこと本気で気にしている人いるんだ。俺にとっては、足のサイズが大きいか小さいかそんな程度のことだよ。」と真っ直ぐ目を見て言ってくれました。
実際、夫と過ごしていても本当に気にせず接してくれて、そのうち私も気にしなくなっていきました。

子どもの頃から、自分の胸のことばかり考えていた私が気にしないで生きられるなんて思ってもいませんでした。
そんな私を変えてくれた夫が大切ですし、夫と出会って、コンプレックスは自分が思っているより、人は考えていないし、
受け止めてくれる人もいるんだって気付けました。

今でも自分の胸が好きじゃないけれど、私自身を成長させてくれたコンプレックスには感謝の気持ちまで沸いてきています。
だからもし胸で悩んでいる人がいたら、こんな風に思えるだって伝えたいです!