口の中以外の口臭の原因とは

口臭の原因の80~90%は歯垢や虫歯、歯周病、舌苔(舌の汚れ)など口の中が原因と言われていますが、口の中以外にも原因の場合もあります。まず胃腸の不調が挙げられます。胃酸過多や消化不良、胃がんなどの病気の場合は酸っぱいにおいや卵が腐ったようなにおいがするケースが多いです。

イニオの効果と口コミ評価!販売店で市販されているのか近所の実店舗を調べてみた!

また、慢性的な便秘・極度の便秘になると腸内に大量のガスがたまり、そのガスが血液を通じて体内に行き渡り口臭の原因になるケースもあります。腎臓や肝臓の不調も口臭の原因になります。糖尿病などの病気の場合は糖の異常代謝のため、甘酸っぱい口臭がすることが多いです。

肺の病気の場合は血生臭い口臭がすることもあります。

他にも蓄膿症の場合も鼻に溜まった膿のにおいが口臭になります。歯周病や蓄膿症の場合は食べかすを餌にした細菌が出した毒素のにおいだったり歯周ポケットや鼻腔にたまった膿のにおいが原因で直接的なのに対し、内臓の病気が原因の口臭の場合は段階があり、まずにおいの原因になる物質が腸壁で吸収されて、その吸収されたものが血液と混ざり合い肺に運ばれることで呼気となって口臭になります。

口臭は口の中が原因のことが多いので歯科医院でチェックしてもらいクリーニングや治療を受けて、それでも口臭が続く場合は内科で検診を受けることをおすすめします。