髪の悩みは変化していく

小さい頃は、毛量が多く、硬く太いことが悩みだった。
短くすれば昭和の子ども(まるでのび○くんやワカ○ちゃん)のような仕上がりに。大人からすれば「それはそれで」だったのだろうが、子どもの私には、ふんわりしたショートカットやボブカットになれないことがひどく悲しかった。

ボタニカルエアカラーフォームを辛口評価!私の口コミ&体験談が衝撃的?

かと言って、長く伸ばしても悩みは尽きない。三つ編みやポニーテールは、しめ縄か箒のようなどっしりした出来になる。幼いながらに「可愛い」とは縁遠い毛質なのだと悟った。
それから20余年、私の髪の悩みは新境地を迎えている。

太く硬く量が多いのは今も変わらない。ここ数年はもっぱらボブカット、毛をすいてもらい量の多さと硬さに対応している。太いのは年々気にならなくなった、というより細くなっては困ると感じるようになった。

髪の量はそんなに変わっていないはずなのに、何故だか分け目だけが薄くなってきたからだ。ドライヤーや整髪料で髪の根本を立たせる、櫛で分け目を頻繁に変えるなど、対策は取っている。しかし、ひとたびセットを怠れば地肌が透けて見え、産毛のように細くなった髪が飛び出てしまう。

悩みの一つだった髪の太さにすがる日が来るとは思いもしなかった。この先、残りの悩みである多さと硬さにも感謝する日が来るのかもしれないと思いつつ、今日も生え際にドライヤーをあてる。

白髪で悩むお年頃です

白髪を気になりだしたのは、30代後半でした。最初は、1本や2本だったのですがだんだん増えて来たので根本の側まで切るようにしました。しかし、白髪の威力が強く切るのも疲れてきました。そこで近くのドラッグストアで白髪染めを購入して自分でやってみようと思ったらものすごい労力でした。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&評価

その時の私の髪型は、肩より下までのストレートのロングでしたので、100均でレインコ-トを購入して(白髪染め用のは付属品のビニ-ルだと髪の長さまでないので)装着していざ自分でやろうと思ってもなかなか簡単に自分でできず、まだらになってしまい、美容院でやってもらう事にしました。

白髪染め歴が長くなり最初は、行き付けの美容院で毎月やっててもらってたのですが、1ヶ月6000円近くかかるのは、どうしたら良いものかと考え、近くのカラ-専門店を探し2500円~3000円位で白髪染めをやってくれる事が判り、通い始めました。

みんな考えている事が同じでコスパが普通の美容院より良いので、すぐに予約が埋まってしまうのが難です。一緒に住んでいる家族は、美容院に何で毎月行くんだろうと思っています。白髪染めとは言えず、女子力上げるためと言って出掛けるのがもう日課になっています。