筋トレのあり方と工夫

筋トレは、50年以上続けていますが、その方法はシンプルなものです。
しかし、それは、常に、70歳を超えたわが身の体型を一定に保させている原動力になっています。その方法というのは、まず、筋トレの前に準備運動を行います。高目の台に手を置き、左右の足を各10回ずつ、後ろにはね上げて筋肉をほぐします。そして、同様に各10回ずつ、左右の足の腱を伸ばすようにします。

メイプアップの効果

さらに、ベッド等に腰かけて、10回腰振りをします。この準備を終わってから、5kgの鉄アレイを左右の手に持ち、まず、上に20回の上げ下げをし、次に、胸の前に、左右の鉄アレイを腕を伸ばして持ち、胸に近づけたり、伸ばしたりするのを20回行います。

次は、左右の腰付近に鉄アレイを持ち、左右の順に、肘を曲げて手首のみで、それぞれ20回ずつ上下の運動を繰り返します。また

次に、お腹の前に鉄アレイを左右の手に持ち、脇を締めお腹に力を入れて、20回肘を外側に向けながら、外へ、内への動きを繰り返します。さらに、鉄アレイを持って左右の腕を伸ばしたまま、太ももから頭の上までの上下の動きを20回繰り返します。

最後は、鉄アレイを持った左右の手を胸の前に脇を締めて持ち、ゆっくりと、左右交互に、20回ずつ上下に持ち上げ、持ち下げる動きを、呼吸を整えながら、軽く、静かに行い、筋トレを終了します。

大嫌いな筋トレですが、続けています

私は筋トレが大嫌いです。鍛神HMBは市販の店舗で購入可能?3ヶ月飲んだ効果と私の口コミ評価!

小さい頃からスポーツをずっとやっていて、幸い、筋肉がつきやすい体質のようで、それなりに筋肉はありました。

しかし、あってもなくてもやらされる筋トレ、本当に嫌いでした。有酸素運動はどれだけやっても平気なのに、不思議なものです。

そんな私が、筋トレの大切さを知ったのは、スポーツから離れて10年がたった頃です。

運動不足、ダイエットを兼ねてスポーツジムに入会しました。

そこで精密な測定器で、現在の身体の体重、体脂肪、筋肉量等を調べてもらったのです。

平均よりもだいぶ低い筋肉量、特にお腹は本当に低かったです。

そこでジムのトレーナーさんに「筋肉をつけることで、代謝も上がり、痩せやすくなります。筋肉がある人とない人、同じ体重だったら、筋肉がある人の方が引き締まって見えますよ!」と言われ、泣く泣く、有酸素運動と並行して筋トレのメニューをいれることとなりました。

週に4日、身体全体の筋トレのレッスンに出ることになり、初めて出た時は衝撃を受けました。

全然できないのです。

私よりはるかに身体がたるんでいる人や、細い人もできているのに、私は全くできなかったのです。

ショックを受けていると、トレーナーさんから、「筋トレは積み重ねです。毎日とは言いません。1日置きでいいから続けていきましょう!でもお腹はやったらやった分筋肉になるので、できれば毎日ちょっとでも!」とアドバイスをいただきました。

そこから私は、大嫌いな筋トレを毎日少しずつ、TVを見ながら、飼い犬を重り代わりに持ったりしてやっていきました。

そうすると、1ヶ月後には、自分でもわかるくらい筋肉がつきました。

やっぱりキツくて好きではありませんが、徐々に重りを重くしてもキツく無くなってきているのが実感できるので、これからももっと重い重りでもできるように頑張っていくつもりです。

筋力トレーニングについての考察

最近筋力トレーニングについて少し勉強するようになって気がついたことは、自分で考えた筋力トレーニングでは思ったような成果が出ないことも多いということとジムにもよりますがジムに通っていたからといって、あまり効果が出ないことがあるということです。メイウェザー愛用筋トレサプリ!メイプアップ

少し前までは知らなかったですし、テレビなどでもあまり言われませんが筋力トレーニングってとても体に良いということがわかったのですが、筋力トレーニングはきちんと基礎を知っているからこそふさわしい仕方で身体にアプローチすることが出来るので私もまだまだ勉強不足ではありますが、もっと筋力トレーニングを上手に行うことが出来るように知識を増やしていきたいと考えています。

人の体の筋肉は、とても良く出来ているので少しアプローチしてあげるだけでも筋肉量だったり体質を大きく変れることだって出来てしまいます。最近では、若い女性の方や大人も普段の生活で筋力トレーニングに励んで肉体改善をしておられますが、とても良い方法なのだと知ることができてこういった知識を役立てていけたらなと考えています。

それぞれの目的によっても肉体作りは違うと思うのですが、広い分野でこれからも筋力トレーニングについて勉強していきたいと思います。

やっぱりジムが一番痩せる

筋トレに興味を持ち始めたのは高校生の時でした。周りのみんな腹筋が割れていたり、上半身、特に胸襟のあたりが男らしくなっていて私は「うらやましいなぁ」と思いました。

メイプアップの筋トレへの効果

その子たちは部活をしていたのも当然でしたが、学校にある筋トレの器具やジムに通っている子もいました。そのころ私としては「お金をかけてまで筋トレをするなんて」と思っていました。当時『ビリーズブートキャンプ』というDVDが流行っていたので、自宅でそれを頑張って腹筋を割ってほかの子たちにも自慢していました。

社会人になり体重とお腹が気になる年齢になり、依然と同じように『ビリーズブートキャンプ』で痩せようとダイエットを始めました。始めてから2週間たっても若いときと比べて体重が落ちることもなく、まして食事も変わらなかったため腹筋を割るどころか全然痩せられませんでした。

バランスボールや重りを用いて行っても自宅でやると長続きせず、ついに諦めてしまいました。

それから半年たったとき近くにスポーツジムがオープンしたためそこに通うことにしました。幸い料金も安めで1ヶ月体験から始められました。ジムでやって感じたことはとにかくきつかったです。自分にどれだけ体力がないか、分かった気がしました。

通い始めて半年で何とか30分で3キロ歩くことができ、1年で5キロまで走り続けることができるようになりました。たぶん外を走ったりするのではなくジムに通うことで続けられたような気がしました。体重も依然と比べると3キロ落ちて筋肉量も上がりました。

私は食事制限などは厳しいためできませんでしたが、ジムに通うことで周りから刺激を受けて痩せることができました。